3/11(日)てしごと市

毎年、ミモザが咲く季節に出店させていただいている「てしごと市」。

この季節を待ち遠しく思わせてくれる素敵なフライヤーを主催の古道具halu(ハル)さんで購入したアンティークなチョコレート缶と共に。

この缶について調べてみました。
少しだけ書きます。
1820年に創立されたオランダのドリーセン社のCARRO(カルロ)という商品で500gのチョコレートが入っていたそうです。
1935年にブレダショコラーデ会社へと引き継がれ幕を閉じられたとのことです。
そしてこの缶は1930年以前のものだそうです。

どんなチョコが入ってたのかと勝手ながらに想像してみたり。
口にする人の顔を思い浮かべてみたり。
そこから自分の食べたいチョコ=作りたいチョコへと移行したり。
そう言えばと仕事に戻らないといけない事を思いだしたり。

3月11日(日)。
缶はお持ちしませんが、チョコドリンクをお持ちします。
お待ちしてます。
___________________________________
【手しごと市】〜つくる、繋がる、結ぶ〜
《日時》3/10(土)、3/11(日)
《時間》10:00~16:00
《場所》別府国際観光港

HARU CHOCOLATE

小さなチョコレート工房でカカオの焙煎からチョコレートになるまでの一貫製造をしています。 店舗ではタブレット(板チョコ)販売、 cafeメニューなどをご用意しております。 Craft Chocolat Cafe 「ハル チョコレート店」 大分県中津市京町1452-1 0979-24-6634 営業日:金・土・日 営業時間:11:30ー17:00(金は19:00)